西成区の三角公園

大阪 西成区北部のあいりん地区にある有名な公園。夕方にふらっと通る事があったから、撮影してきた記録。

三角公園とは?

ビニールシートで覆われた手作りの家があったり、たまにプロレスリングがあったり、たまに炊き出しがあったり、たまにお祭りがあったりと、何かとイベントが行われてたりする公園。
公衆トイレがあり、住居にしているおじさんも多い。

大量の空き缶を運ぶ人とか、このエリアではよく見かける。

あいりん地区には路上生活者が多く居住している。この地域は住所不定の日雇労働者が多いため、人口統計は国勢調査でも明確に把握できていない可能性があるとか。
NPO団体や宗教団体などが炊き出しなどを頻繁に行っており、実施の際は公園に人が列を作って並ぶことがある。また、この地域の物価は隣接している他地区と比べ、総じて低いのが特徴となっている。
最近はインターネットの普及によって知られたこともあり、周辺の簡易宿所やビジネスホテルがその割安感(1泊800円位)から外国人などの若いバックパッカーに人気がある。
さらに徒歩圏内にある新今宮駅(JR・南海)と動物園前駅(Osaka Metro御堂筋線・堺筋線)などから鉄道アクセスが充実してる面も。

公園の真横を始め、福祉センターがそこら中にある。
当然、活発な支援活動があるなど生活しやすいためであって、保護目的で移住する人や他の自治体窓口で大阪までの片道の電車賃をもらい移住する人もいた。
西成区の生活保護者の出身地は、九州+沖縄が22%、中国+四国が20%、大阪以外の近畿が15%、大阪府が19%らしい。移住者が多いようだ。

フリーWi-Fiについて

あったら驚き。


You can see it on wheview now.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA