マオリ・ロック・カービング タウポ 湖

マオリ・ロック・カービングとは?

1970年代後半に製作された、マオリ彫刻家のマタヒ・ファカタカ・ブライトウェルの作品。
彼は自身の作品を製作するためにタウポ湖西岸の入り江を訪れた。

そこにあった岸壁は、彫刻を彫る絶好のキャンバスだった!!

全長10メートルを超えるこの作品は、マタヒと4人のアシスタントが着手してから4年の歳月をかけて完成。
さらに、ほぼ無報酬でこの制作を行った。

私が参加したツアーについて

私はこちらのツアーに参加。

タウポ市内からすぐの港から参加。(スッゲーどの船かわかりずらいので、ツアー待ちっぽい人がいたらどのツアーか聞くことをオススメする!)

昼以降のツアーにはお酒とピザが付いてきますw
みんな案外ピザを食べなくて、満腹になるくらい食べれた!!ラッキー。

船の上は風が冷たく冷えることもあるので、上着は絶対に持っていきましょう。

大体1時間と少しぐらいすると、マオリ・ロックが現れます。

別のツアーの船がもうすぐ来るので、そんなに長い間止まってはくれません。。

このツアーでは湖で泳ぐこともできる。

めっちゃ冷たいけどね。

もし泳ぐ気なら水着で行こう。

当然湖のど真ん中なので、余裕で足がつかないほど深い!!!
足がつかない環境下で泳いだことない人は(私とか・・・)、最初死ぬほど怖い。。。
まじで飛び込んですぐに、船のはしごまで戻ったw

すぐに救助できるように、スタッフの監視下でしか泳げない。(ってか遠くまで行ったらマジ死ぬぞ)

晴れてたから日差しであったまりながら港へ戻る。


You can see it on wheview now.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA