新世界 ジャンジャン横丁 | Shinsekai Janjan Yokocho Alley

通天閣のお膝元! うまくて安い、B級グルメが勢揃いの横幅2.5メートルしかない商店街

そして新世界part2の撮影記録。

ジャンジャン横丁とは

正式名称は「南陽通商店街」
全長約180メートルで異様に横幅が狭い商店街。

新世界と同じく発展が止まったことで、ジャンジャン横丁自体がレトロな観光地として再評価されるようになった。

「ソース二度漬けお断り」の串カツ屋、焼き肉、食堂、寿司、うどん、立ち呑み居酒屋など庶民派の店がずらりと並ぶ。そして昔ながらのゲーセンがあったり、祭でもないのに射的場があったりと、ごった煮の商店街である。

ジャンジャン横丁 過去と現在

1921年に開通。
当時は一級の繁華街であった新世界と飛田遊郭(飛田新地って風俗街のこと。表向きは全て料亭。)つなぐルートだったため、多くの酔客が出入りし飲食店や男娼店、淫売店がたくさん入っていた。
要は商店街のそこら中にゲイ用含め、性的サービス満載の道だった。

だが1958年の売春防止法施行以降、飛田遊廓が(表向きは)消えたことで、飛田方面への回廊としての役割を成さなくなり、それまでの賑わいは失われた。風俗店へと勧誘する野郎どものせいで、通ることに抵抗を感じる家族連れも多かった。

そして新世界が再び栄だした1990年代ごろから、このジャンジャン横丁もガヤガヤしだした。

とは言え、今でもこの商店街を通る事へ抵抗を感じる家族も少なからずいるだろう。
だってさ、

こんなガチャガチャいっぱいあるもん。つかさ、500円って高くね?でも存在自体がネタになってるから、これ考案した人優秀ww。

ちな、中身はエロいパンツとか柔らかいおっぱいボールとからしい。

めでたしめでたし。

新世界part2

すげー名前の服屋さん



こっちで書いた新世界とは、少し違った怪しいところを歩いた。

新世界 通天閣 |  Shinsekai The Tsutenkaku Tower


新世界国際劇場

通天閣のすぐそばにあるすげーレトロな映画館。

でも当然普通の映画館じゃあない。この映画館は「新世界国際劇場」って名前。
新作・旧作を織り交ぜた洋画が見れる。

ちなみに「新世界国際地下劇場」は成人映画。
(堂々と正面でポスターが見れるよ。普通にAVのパッケージ。)

と言うか、新世界をうろついているといたるところで成人映画のポスターがある。
新世界国際地下劇場はそんな映画館の1つに過ぎないとうわけ。日劇シネマとか探せば色々あるかもよー。

これでこそ新世界!



You can get to see different styles of Osaka’s buildings and shops here from ones in the other places.
The width of the street is only 2.5 meters. This shopping street is 180 meters long running from North to South in the eastern part of Ebisu-higashi 3 chome, in Osaka.

Janjan Yokocho Alley is home to Osaka’s “B-grade gourmet restaurants.” These so-called “B-grade” gourmet dishes refer to the ordinary but tasty and cheaper cuisine of Osaka including kushi-katsu (deep-fried pork on skewers), sushi, yakiniku (grilled meat), udon noodles, and the eateries, coffee shops, and standing drink bars.

In 1958, Prostitution Prevention Law was made. After this, the way to the Tobita red-light district declined.
But now, it was reborn with family and visiter.

フリーWi-Fiについて

無い。
No.



You can see it on wheview now.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA