Cordovaでハイブリッドアプリ その3 Google Mapを使う為のSDKを追加(iOS)

さてさて、「その3」にてiosとandroidの両方の環境で、Hallo worldを起動しスタート準備完了。

Cordovaでハイブッドアプリ化計画 その2 Androidでビルドしようとしたら、問題山積みだった問題

CordovaでGoogle Mapを使うにあたって必須となるプラグインがある。
ここからGitHubのページへいける。

GitHubのページからどうやって導入するかと言う所から解説がある。

が、色々とつまずきどころがあるようで・・・。
特にCocoaPodsでSDKを入れる所と、Android StudioにGoogle Play services SDKを入れる所。
特にオラにとっての鬼門となったのはGoogle Play services SDK。(一応xcodeは少し触ったことあるからね〜。)
それを忘れん為の記録っと・・・。

CocoaPodsでMaps SDKを入れる

重要な事はたった1つ。

CocoaPodsのPodfileは自動生成される。自分では作成しない。

ほな行くで。



Googleの公式ガイドを見ただけではCocoaPodsの使い方がいまいちわからない人も多いだろう。

これ見た感じ、Podfileを自分で作成するように思える。でも言った通り、自動で生成されるから作らないように。


sudo gem install cocoapods

のコマンドをターミナルで打ち込んで、cocoapodsをインストール。

pod setup

環境構築完了。



以下、大まかな手順(プロジェクト名をMyAppと仮定)

  1. ターミナルで階層移動。 MyApp/platforms/ios
  2. iosの階層で

    pod init

  3. 生成されたPodfileを書き換える
  4. pod install

では詳しく行こう。



まず、フォルダの現在地をcdコマンドを使って、iosの階層まで移動。(iosの階層とは、「.xcodeproj」のファイルがある所)
そこで2番のpod initコマンドを実行。
そしたらPodfileと言うファイルが生成される。

そしたらここに書いてある通り、pod ‘GoogleMaps’とか書いて行く。

こんな感じ。

んでpod installを実行。

ただし、2回目以降は

pod update

とする事。

普通ならこれでうまくいくんだが!!!
オラの場合はこんなエラーがでた・・・。

ん?なんじゃこりゃ??
全くわからんかった。でも親切なことに解決のヒントになるリンクを乗せてくれてる。
Looking for related issues on cocoapods/cocoapods…以下のリンクを調べてみよう。

オラの場合はMacのrubyバージョンを変更したらいけた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA