Pizza Party お手伝い記録 その2

シェアハウスで行われたピザパーティーの記録その2

前回の投稿からの続きと言うことにでもしておこう。
サムネはパーティー準備メンバー。

語学できる人のパターン

サムとかクリスの話を聞いて、語学できる人(ここで言うできる人とは、不自由なくコミュニケーションを取れる人)の法則はこの2つに限られるのでは、と思ったりもした。

Aタイプ 好きでやってたらできるようになっちゃった系

Bタイプ 必要に迫られてやった系



サムみたいに日本のアニメで日本語学んだって人は、Aタイプの人だ。
インドにインターンで行ったとき、1度も日本に行った事がないのに、日本語ペラペラな人が何人かいた。その人達も日本のアニメやドラマで学んだと言っていた。

まぁこーゆー人って、努力を努力と思ってないんだよねきっと。(要ははたから見たら、勉強大好きオタクちゃんやけど、本人は特にストレスなくやりたいからやってる的な)

インド人に関しては人口半端ないから天才的な人(努力を努力と思ってない人)も多くなるのもわかる。

よく「好きで見てるうちに覚えた」とか言うけど、絶対嘘だろっと思う。だって洋画をバカみたいに見まくって、英語で簡単な会話ができる様になるか?と考えたら・・・。そんな事はねーだろーと。
ただ、洋画を英語字幕で見続けて、わからない単語を逐一調べて、みたいなことをやってたらどうなるかはわからない。単語を調べまくってるうちに文法も学べて来るだろうし。



Bタイプは移民とかが該当するかなー。
日本の都心部のコンビニとかで働いてるカンボジア人とかベトナム人とか、ある程度日本語できてるやん。レストランでバイトしてた時も、ネパール人とインド人がいた。彼らは日本語学校とか行ってないのに、ある程度の会話はこなせる様になっていた。
やっぱその国でその国の言語を使って働くとなると、勝手に覚えていくのだろう。

でもワーホリ行って全く語学力身につかず帰って来る人とかいるのも事実。それは多分「お金があった」、「日本人とつるんでばっかだった」かのどちらか、もしくは両方だろう。お金あったら働かなくていいしすぐ帰国できるし。でも出稼ぎで日本に来てる系の人(上記のネパール人とか)は、そんな甘い事言ってられんし母国語通じる仲間もいない場合がほとんどやろうし。

英語を会話できるレベルまで習得しようと思っても、日本に住んでる限りタイプAになるしかないってのが私の結論ですな。
そしてタイプAは

なろうと思ってなれるものではないんじゃね?

と思う訳で。

だってアニメ興味ない人に、「今日からジャパニーズアニメオタクになれ」って言っても、まぁ無理でしょ。

英語学習の環境作りはいらない

まぁ色々と自由に書いたけど、個人的には英語学習に適した環境を用意する必要はないと思うんよねー。

あ、「学校教育がいらない」とかって訳じゃないから。ただ、

個人で勝手にやりたきゃやればいいってだけやと思うんだわ。

一応この国際交流パーティーも、英語に触れるきっかけになればな〜っと思って開催してる訳だが、、、

当然「こんなイベント意味ない!」とか思わんし、意味はあると思うし、楽しいなら別にいいやんって。

学習意欲があって、でも学校教育で物足りないなら、それは今の時代インターネットが解決してくれると思う。
辞書とか買う必要ないし、文法の参考書も検索エンジンに「現在完了形とは」って打ち込めばすぐに出て来るし、ネイティブの発音や音声もYoutubeとかで山ほどあるし、ご親切に英語字幕まであったりするし。

本気で学びたい奴は勝手に学ぶはず。それはきっといつの時代も変わらない。
これは全ての事に対して言える気がする。

「でも英語で会話する経験はネットじゃ無理だろ?」って声もありそうやけど、やる気ある人はきっと探し出すはず。ましてや日本は鎖国してる訳じゃないし。

海外生活をして見たいなら、バイトして金貯めて、ワーホリへ行けばいい。学校でワーホリの行き方を教わらなくても、セミナーとかに参加しなくても、インターネットが教えてくれるさ。

「おい、ワーホリって言葉知らんかったらどうなるねん?」って声もありそうやけど、そこまで言い出すとキリがないからそれは運って事で。

結論、英語は金にならない

つまり英語を学ぶ事自体、それは個人の趣味(娯楽)と同じやと思っている私です。

英語でコミュニケーション取れたら楽しいし嬉しいでしょ?その楽しさを得るために努力する。

アクションゲームで強い敵倒せたら楽しいし嬉しいでしょ?その楽しさを得るために努力する。

これ私の中ではイコールなんよねー。

ゲストハウスで働いてて思ったけど、英語である程度会話できる事自体はそれほど金にならないって事。
だって

「英語で多少会話できる」それ以外何もないから

同時通訳者とかってレベルになれば話は別やけど、多くの「英語である程度会話できる人」はそうじゃない。

英語を活かしきれてない人ってかなりいるのでは?っと思ってる。

外国語大学を卒業して、就職先で外国語使わない人も当然一定数いるし、そもそも英会話できる必要が多くの職場で必要ないのも事実やし。
そう考えたらやっぱ英語って(というか学問全般)娯楽じゃね?ってなった。

英語+何か別のスキル

これじゃないと英語を活用できてかつ、金になる事はない気がする。これはゲストハウスで働いてる人達を見て凄く思った。(ってか本人達から言われたりもした)

個人的に英会話がある程度できたら発生する特典は
・旅行が楽しくなる
・海外逃亡が選択肢に入りやすい

これぐらいじゃね?っと思う。





ゲストハウスで働いてて、語学だけじゃ娯楽の域を出る事はないなーと思った1番の理由は、宿泊に来たゲストが教えてくれた。
親の都合?(だったかな?)で日本に住んでる外国人がいた。彼女は、英語、スペイン語、ポルトガル語、少し日本語ができる人だった。日本語しかできない日本人からすると、すげー!ってなる。
でも彼女は溶接工場やマクドナルドで働いてる。別に好きでやってる訳ではないらしい。ただ、彼女の日本語レベルでもできる仕事ってだけ。
でも日本語で普通に意思疎通はできたし、自分の考えもそれなりに日本語で伝えれる人だった。

それでも彼女の語学力は日本では無力だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA